​アレルギー
鼻水
​アレルギーかな・・・と思ったらすぐに耳鼻科へ

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」などアレルギー性鼻炎・花粉症のつらい症状で病院をお探しなら、安来市のおがわ耳鼻咽喉科にお越しください。

症状の緩和だけでなく、予防的な効果のある初期治療や、減感作療法も行っております。

鼻をかむ女性

こんな症状でお困りではありませんか?

□ カゼでもないのに、くしゃみが止まらない
□ サラサラした鼻水が出る
□ 一日に10回以上鼻をかむ
□ 鼻づまりがある
□ 目にかゆみがある
□ のどがイガイガする
□ 外出すると涙が出る

「くしゃみくらい…」と我慢したり、市販薬で対処したりしがちですが、このような症状でお悩みなら、アレルギー性鼻炎かもしれません。ぜひ当院へご相談ください。

マスク
クレヨンタッチのライン

​アレルギー性鼻炎

鼻に入った異物(アレルゲン)を排除しようと体が過剰な反応を起こすのが、「アレルギー性鼻炎」です。

特定の時期に発症する「季節性アレルギー性鼻炎」と、季節を問わない「通年性アレルギー性鼻炎」があります。

〈季節性アレルギー性鼻炎の主なアレルゲン〉

スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなど

ヒノキ花粉

〈通年性アレルギー性鼻炎の主なアレルゲン〉

ダニ、真菌(カビ)、ペットの毛、ハウスダストなど

ダニ

春に「くしゃみ・鼻水」などの症状があると、「スギ・ヒノキ花粉症」と判断してしまう人が多いのですが、そのような方の中でも、「スギだけでなく他の植物の花粉にもアレルギーがある」場合や、「季節性と通年性の両方のアレルギー性鼻炎かかっている」場合もあるのです。

血中・鼻水中の好酸球検査、皮膚テスト、誘発テスト、免疫グロブリンE(IgE)抗体検査など、各種の検査により、アレルゲンが特定でき、きめ細やかな治療を行うことができます。

​◆ 治療法 ◆

アレルギー性鼻炎の治療には、今起きている症状を抑える「対症療法」と、病気の原因そのものを取り除こうとする「根治療法」があります。

​対症療法
点鼻薬
​内服薬
など

「点鼻ステロイド薬」や「抗ヒスタミン薬」のほか、シーズン前に飲んで症状を抑える「初期治療」も「対症療法」にあたります。

複数の薬剤を組み合わせることで、症状をほとんど感じずに過ごすこともできます。

​根治療法
減感作療法
など

症状の重い方には「減感作療法(アレルゲン免疫療法)」という根治療法が有効です。

アレルギー性疾患の原因アレルゲンを次第に増やしながら注射してゆき、アレルゲンに対する免疫を得ようとする治療法です。(治療の期間は一般に二年以上と長くなります。)

□ 毎日掃除機をかける。
□ 布団をこまめに天日干しする。
□ 室内の風通しをよくする。

マスク
ダニ
​セルフケア
​マスクの着用
​清掃の徹底
など

〈アレルギー性鼻炎のセルフケア〉

​◆花粉症

□ 花粉症情報に注意し、飛散の多いときは外出を控える。
□ マスクやメガネを着用する。
□ 帰宅時は衣服を払って、室内に花粉を持ち込まない。

​◆ダニ

セルフケアに関する指導も含め、適切な治療プランをご提案しますので、アレルギー性鼻炎のことは当院へお気軽にご相談ください。

​おがわ耳鼻咽喉科

【診療時間】

月・火・水・金

木・土

9:00~12:30、15:00~18:00

9:00~12:30

【休診日】

木曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

院長/小川 真滋 (医学博士)

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医

​お問い合わせはこちら

​TEL:0854-23-1187